オーディオ

オーディオのカテゴリです。

スポンサーリンク
Apple

【スマートスピーカー】Apple 新色「HomePod mini」キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

アップルは、スマートスピーカー「HomePod mini」の新たなカラーバリエーションを発表し。日本でも11月に発売され、価格は1万1800円。ホワイトとスペースグレイに加え、新色としてブルー、オレンジ、イエローが追加される。
オーディオ

【ワイヤレスイヤホン】Apple 第3世代「AirPods」キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

アップルは、ワイヤレスイヤホン「AirPods」の新モデル(第3世代)を発表した。価格は2万3800円で、10月26日に発売される。
オーディオ

【ワイヤレスイヤホン】Apple「AirPods mini」クル━━━━(゚∀゚)━━━━!?

リーカーのShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)がTwitterに、70%の確率で「AirPods mini」が発表される可能性があると投稿した。
スポンサーリンク
オーディオ

【サラウンド】SONY フラッグシップ サウンドバー「HT-A7000」ゲット━━━━(゚∀゚)━━━━!!…「A7000」の逆襲 スゲーぞ!

ソニーは、サウンドバーの最上位モデル「HT-A7000」を8月28日に発売。7.1.2chのサラウンドシステムとして使用できるバースピーカー。本体にはイネーブルドスピーカー、ビームツイーターに加えてデュアルサブウーハーも搭載し、合計11個のスピーカーを内蔵する。
オーディオ

【サラウンド】SONY フラッグシップサウンドバー「HT-A7000」&新感覚サラウンド「HT-A9」発売!…俺は、どっちを買ったらイイの~⁈

ソニーは、4本のワイヤレススピーカーを部屋に配置する事で、壁や天井での音の反射を利用し、12個のファントムスピーカーを生成、サラウンド空間を作り出す新機軸の製品「HT-A9」を8月7日に発売。それと、天井や壁での音の反射を利用し、1本でDolby Atmosなどの再生が可能なサウンドバー上位モデル「HT-A7000」を8月28日に発売する。
オーディオ

【ワイヤレスイヤホン】Sony「WF-1000XM4」発売日 ゲット━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ソニーは、ノイズキャンセリング性能をさらに高め、ワイヤレスでもハイレゾが楽しめるLDACに対応した完全ワイヤレスイヤフォン新モデル「WF-1000XM4」を6月25日発売した。
オーディオ

【ワイヤレスイヤホン】Apple「Beatsブランド」ANC完全ワイヤレス「Beats Studio Buds」日本版発表…Androidにも優しいよ!

Beats by Dr. Dreは、IPX4の耐汗耐水仕様でアクティブノイズキャンセリング(ANC)、空間オーディオに対応した完全ワイヤレスイヤフォン「Beats Studio Buds」を、2021年夏に発売する。カラーはブラック、ホワイト、Beatsレッドの3色。
オーディオ

【ワイヤレスイヤホン】Sony 完全ワイヤレスイヤフォン新モデル「WF-1000XM4」6月25日発売…もう試聴した皆さん、正直どーでしたか?

ソニーは、ノイズキャンセリング性能をさらに高め、ワイヤレスでもハイレゾが楽しめるLDACに対応した完全ワイヤレスイヤフォン新モデル「WF-1000XM4」を発表。6月25日発売で、価格はオープンプライス。店頭予想価格は33,000円前後。カラーはブラックとプラチナシルバーの2色。
オーディオ

【オーディオ】ハイレゾ配信「Amazon Music HD」日本でも追加料金不要に…「Apple Music」さんに負けないぞ!

アマゾンジャパンは6月9日、音楽聴き放題サービス「Amazon Music Unlimited」で、有料オプションだったハイレゾストリーミング「Amazon Music HD」を無料にしたと発表。英米など7カ国で5月に無料化しており、約1カ月遅れで日本も無償化した。
オーディオ

【ワイヤレスイヤホン】Google「Pixel Buds A-Series」発表…「Pixel Buds」の廉価版なんだってよ。

米Googleは6月3日(現地時間)、昨年8月発売の無線イヤフォン「Pixel Buds」の廉価版「Pixel Buds A-Series」を発表。米国では99ドル(約1万1000円)で17日に発売する。日本でも公式オンラインストアでウェイトリストへの登録受け付けを開始したが、まだ価格と発売日は表示されない。
AVアンプ

【AVアンプ】マランツ「8K/60p、4K/120p」対応の13.2ch AVアンプ「AV8805A」6月上旬発売…価格は572,000円。

マランツは、13.2chフラッグシップAVプリアンプ「AV8805」をベースに、HDMI2.1をサポートし、8K/60Hz、4K/120Hzの入出力に対応した「AV8805A」を6月上旬に発売。価格は572,000円。また、「AV8805」を対象に「有償 HDMI 8K アップグレードサービス」も6月15日より開始する。料金は77,000円。
オーディオ

【オーディオ】どうなる? 瀬戸際の名門企業「オンキヨー」…

繊細でクリアな高音域を奏でるスピーカー。オーディオファンをとりこにしてきた名門企業「オンキヨー」は今、業績悪化に苦しんでる。過去最大の赤字。そして債務超過の状態になっていて、今月末までに解消しないと最悪、株式の上場廃止になるおそれがあるという。なぜここまで追い込まれてしまったのか、今、取り組んでいる戦略とは何か…
スポンサーリンク
管理人をフォローする
タイトルとURLをコピーしました